【CSSの追加方法】WordPressテーマでカスタマイズする方法

現在当ブログで使用しているテーマは「SWELL」になります。

この記事のターゲット!
  • WordPressテーマのCSSを追加したい方

現在、有料・無料様々なWordPressテーマがリリースされています。

近頃では、サーバー(ConoHa WING)とセットでWordPressテーマ(SANGO)が販売されていたりします。

テーマはWordPressでブログやサイトを作るために、必要不可欠なものです。

最近のテーマは様々な機能が付いているため、簡単なカスタマイズなら外観 > カスタマイズ で、カラーはもちろんのこと、いろいろとカスタマイズができてしまいます。

しかし、どんどんテーマに慣れてくるうちに、どうしても「このテーマのここをこうしたいなぁ」ということは出てくるもの…

テーマによっては、外観 > カスタマイズ からのカスタマイズ以外に、テーマ独自の項目よりカスタマイズできるものもありますが、それ以外をカスタマイズする場合には、CSSを追加して変更する必要が出てきます。

そこで今回は、CSSの追加する方法3つを解説致します。

もくじ

WordPressテーマでCSSを追加する方法

CSSの追加方法は以下の3つです。

  • ローカル環境でカスタマイズしたCSSをFTPソフトでファイル転送する
  • 管理画面 外観 > テーマエディター からCSSを追加する
  • 管理画面 外観 > カスタマイズ > 追加CSS にCSSを追加する

3つの方法がありますが、個人的にはローカル環境でカスタマイズしたCSSをFTPソフトでファイル転送させる方法をおすすめします。

初期設定等は面倒なのですが、一度設定するとリカバリーしやすいというメリットが最大の理由です。

ただし、少ないコードでのカスタマイズであれば、管理画面 外観 > カスタマイズ > 追加CSS にCSSを追加する方法が便利です。

カスタマイズする際は、必ずバックアップを取ってから行いましょう!またWordPressテーマの子テーマが適応されていることを前提としています。

ローカル環境でカスタマイズしてFTPソフトでファイル転送する方法

こんな方におすすめ!
  • CSS以外のファイルもカスタマイズする
  • 複数行のコードを書き込んでカスタマイズする
ローカル環境とは?

インターネット環境内ではなく、自分のパソコン内でWordPressなどを動かす環境を構築すること

あくまでも、このローカル環境で作成したWordPressはローカル用であり、一度ここでCSS等をカスタマイズして問題がないか確認した後に、FTPソフトでレンタルしているサーバーへCSSファイルを転送して上書きするという方法です。

ローカル環境を作るのに必要なもの

  • ローカルWeb開発ソフト(MAMPなど)
  • テキストエディタ(Sublime Textなど)
  • FTPソフト(FileZilla、Transmitなど)

ローカルWeb環境ソフト(MAMPなど)は、パソコン内にローカル開発環境を立ち上げるために必要なソフトウェアをパッケージしたもので、ソフトによってはWindowsのみの場合や、WindowsとMac OS両方使用できるものなど、様々な種類があります。

それらをインストールし、ローカル環境を整えてからWordPressをインストールします。

テキストエディタは、WordPressをインストール後カスタマイズする際にCSS等を追記するソフトで、各ソフトによって見やすさ(コードによってカラーが変わるなど)使いやすさがかなり異なります。

一番見やすくて使いやすいソフトを選びましょう。

FTPソフトは、テキストエディタで編集したファイルを、レンタルサーバーに転送するソフトです。

この方法であれば、ローカル環境で確認ができるため失敗が少なくて済みます。またfunction.phpなどをカスタマイズするのであれば、間違って真っ白に…なんてこともあるので、こちらをおすすめします。

ただし、少ないコードでのカスタマイズであれば、次にご紹介する方法が便利です。

追加CSSにCSSを追加する方法

こんな方におすすめ!
  • CSSのみしかカスタマイズしない
  • 数行のコードのみでカスタマイズする

数行の少ないコードでカスタマイズするのであれば、この方法が一番簡単で便利です。

追加CSS

管理画面 外観 > カスタマイズ > 追加CSS にCSSを追加すると、すぐ画面に反映されるため、見た目でも確認できるので大変便利です。

数行程度のコードであれば、こちらの方法が簡易で便利ですが、複数行にわたるコードを記入する場合は見辛く、書き損じや間違った場合にエラーコードを見つけるのが難しくなるというデメリットもあります。

その場合はテキストエディタで編集したすべてのコードを上書きするか、先述のローカル環境でカスタマイズしたCSSをFTPソフトでファイル転送する方法をおすすめします。

テーマエディター からCSSを追加する方法

こちらの方法は、個人的におすすめしません

管理画面 外観 > テーマエディター からCSSを追加することは可能ですが、直接CSSのファイルに書き込むことになるため、ミスをすると取り返しがつかなくなることも…

CSS編集

WordPress側でも「ここでCSSを変更する必要はありません」と言っているくらいですので、できれば先述の「追加CSSでCSSを追加する方法」か、「ローカル環境でカスタマイズしてFTPソフトでファイル転送する方法」のどちらかで追加して下さい。

またそれ以外に子テーマ内のファイルに追記もできますが、やらない方が無難です。

CSSを追加する方法の比較

比較という程のものでもありませんが、わかりやすく表にしてみました。

ローカル環境で追加
FTPソフトで転送
追加CSSにCSSを
追加
テーマエディターから
CSSを追加
プレビュー×
数行追加
複数行追加
CSS以外を
カスタマイズ
×

プレビューは即反映される「追加CSSにCSSを追加する方法」が一番わかり易いです。

数行追加なら、簡単に追加のできる「追加CSSにCSSを追加する方法」が便利です。

複数行追加するなら、管理やリカバリーがやりやすい「ローカル環境で追加してFTPソフトで転送する方法」がおすすめ!

CSS以外をカスタマイズするのなら、「ローカル環境で追加してFTPソフトで転送する方法」一択になります。

WordPressテーマでCSSを追加する方法 あとがき

以上のことより、数行追加するなら「追加CSS」、複数行追加やCSS以外もカスタマイズする、または今後色々とカスタマイズしたい場合は「ローカル環境で追加してFTPソフトで転送」がおすすめです!

楽しみながら、ブログやサイトをカスタマイズしましょう。

この記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる