きになるnet - きになるものを綴ったブログ

iPhone・MacからWordPressなどのWebに関することまで、きになるものを綴ったブログ

Tips

OpenOfficeの文章ドキュメントで400字詰め原稿用紙を作成する方法

投稿日:2013.04.08 更新日:

manuscript-paper-photo

manuscript-paper-photo

先日の「今更ながらApache OpenOfficeをインストールしてみました」の通り、Office for MacからOpenOfficeに移行してみたのですが、その際に「Word」的存在の「文章ドキュメント」で400字詰め原稿用紙のテンプレートを探したのですが見当たらなかったので、作成する方法を備忘録として残しておきました。

400字詰め原稿用紙のテンプレート作成方法

まずは、「文章ドキュメント」を開きます。

manuscript-paper-1

Wordは、原稿用紙ウィザードというのがあったので、OpenOfficeで探してみましたが、ウィザードの中には見当たらず…

manuscript-paper

OpenOfficeは全く違うところから設定が可能でした。

メニューバーの「書式」→「ページ」をクリックします。

manuscript-paper-3

まず、ページの配置を「横」にします。
次に、文字の方向を「右から左へ(縦書き)」にします。 

manuscript-paper-5

続いて、行数と文字数で「行20、行単位の文字数を20」にします。
(400字詰めの場合) 

経線の色はお好みで調節します。

manuscript-paper-6

最後に一番下の「OK」をクリックします。

するとなんてことでしょう、400字詰めの原稿用紙が完成しているではありませんか…w

manuscript-paper-8

あとがき

プリンタにもよるかと思いますが、この色で印刷したら罫線がほとんど見えませんでした。

個人的に、もう少し罫線の色を濃くした方が良かったと早くも後悔しています。 

しかし、この歳になって作文を書くことになろうとは…(^^;)

mixhost
当ブログは、MixHostで運営中です!
おすすめ記事

-Tips
-

Copyright© きになるnet - きになるものを綴ったブログ , 2018 All Rights Reserved.