【GRC】macOS 10.15 CatalinaにアップデートしてGRCが利用できなくなった時の対処方法

GRC macOSをアップデートして使用できなくなった時の対処方法

MacでWineを用いて、検索順位チェックツール「GRC」を利用している方へ。

何も知らずにmacOSのバージョンを10.15 Catalinaへアップデートすると、GRCが利用できなくなります。

私のように全く知らずに、macOS 10.15 Catalinaへアップデートをしてしまった方もいらっしゃるはず。

いろいろと検索して、macOS 10.15 Catalina のMacBook Proで「GRC」を動かすことができたので、備忘録として残しています。

公式にGRCのサイト「SEOツールラボ」では発表されておらず、動作保証はされていないため、試される場合は必ず自己責任で行って下さい。

もくじ

GRC

GRCとは?

GRCとは、有限会社シェルウェアが開発した検索順位チェックツールで、今やブロガー必須ツールの一つ。対応OSは基本Windowsになります。macOSでは、Wineというオープンソースソフトウェアを用いて利用できるのですが、macOSのバージョンとWineのバージョンによっては利用できないことも…

ブロガーの方が常に気にしていると言っても過言でないのが、Googleの検索順位

検索順位が1位と5位では、その記事に流入してくる閲覧者の数が大きく異なります。

Googleで検索して、現在どのくらいの順位か調べることはできますが、キーワード一つ一つを検索するのは効率が悪くかなりの時間を消費します。

そのため、どのキーワードでどのくらいの順位かを調べるツールが欲しくなるはず。

そのツールが、「検索順位チェックツール GRC」です。

対応OS

GRCが対応するOSは以下の通りです。

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2008 R2
  • macOS (Wine)

基本はWindowsで、MacはWineというオープンソースソフトウェアを用いて利用することができていたのですが、macOS 10.15 CatalinaからはWineが使用できなくなったため、GRCが利用できません。

MacのOSとWineのバージョンによって、GRCが動作するか異なります。

スクロールできます
Mac OS バージョンWine バージョン動作状況
OS X 10.8
Mountain Lion
Wine Stable 2.0動作OK
macOS 10.12
Sierra
Wine Stable 2.0動作OK
macOS 10.13
High Sierra
Wine Stable 2.0
Wine Stable 3.0
動作OK
動作OK (GRC/GRCモバイル v5.56以降)
macOS 10.14
Mojave
Wine Stable 3.0
Wine Stable 4.0
動作OK (GRC/GRCモバイル v5.56以降)
動作NG (エディットボックス動作不良)
macOS 10.15
Catalina
使用不可動作NG
(WineがmacOSに対応していないため動作不可)
macOS 11.0
Big Sur
使用不可動作NG
(WineがmacOSに対応していないため動作不可)
引用:SEOツールラボ

macOSのバージョンをアップデートと言っても、macOS 10.14 Mojave にする分には、Wineのバージョンさえ間違えなければ利用できますが、macOS 10.15 Catalina 以上へアップデートをしてしまった場合、どうしようもありません。

アップデートの際にバックアップは取っていることを前提に、GRCを使用するためには以下の方法になります。

  • macOSを再インストールしてデータを戻す
  • 別の方法でGRCを利用する

の二択になります。

私は再インストールする訳にはいかなかったため、別の方法でGRCを利用する方法を探しました。

macOSでGRCを利用する方法

GRCの公式サイト「SEOツールラボ」でも記載のあるように、MacでGRCを利用するには以下の4つの方法になります。

  • Wineを用いてGRCを利用する
  • 仮想化ソフトを用いてMac上でWindowsを動かす
  • 外部のWindowsリモートデスクトップサービスを利用する
  • Boot Campを用いてMacにWindowsをインストールする

Windows Serverをレンタルしようかと思いましたが、毎月費用がかかるため却下。

今まで利用してきた同じ環境で使えないかと調べてみたところ、GRCを直接利用する方法ではありませんが、使えなくなったWine絡みのソフトが使える「WineSkin」を紹介しているサイト「黄桃の誄歌」を発見し、GRCに応用してみることに…

macOS 10.15 CatalinaにアップデートしてGRCが利用できなくなった時の対処法

macOS 10.15 CatalinaにアップデートしてGRCが利用できなくなった時の対処法として、WineSkinを用いたGRCの導入手順を、備忘録として残しています。

公式にGRCのサイト「SEOツールラボ」では発表されておらず、動作保証はされていないため、試される場合は必ず自己責任で行って下さい。

1. GRCのデータフォルダを確認する

macOSをアップデートしてもGRCはそのまま使えると思っていたため、データをエクスポートしていませんでした。

きっと、このページを見られている方も同じはず…

まず最初にGRCのデータを引き継ぎたいため、GRCのデータフォルダの確認をします。

Wineは使用できませんが、データは残っているはずなので、

/Users/(ユーザー名)/.wine/drive_c/users/(ユーザー名)/Application Data/Shellware/GRC/user_data

にフォルダがあるか確認します。

上記の「.wine」は隠しフォルダになっているため、

command + shift + .(コマンド + シフト + ピリオド)

を押して、隠しファイルやフォルダの表示を切り替えて確認します。

2. WineSkin Wineryをダウンロード

Github Gcenx/WineskinServerから、WineSkin Wineryをダウンロードします。

WineSKin Winery ダウンロード
出典: GitHub

ダウンロードした「Wineskin.Winery.txz」を展開します。

WineSKin Winery ダウンロード2

すると左のアイコンの「Wineskin Winery」ソフトが出てくるため、これを実行してWineSkin Wineryを開きます。

3. WineSkin Wineryを開く

WineSKin Winery インストール

「Wineskin Winery」を実行すると、必ずこの警告が出るはずです。

一旦、キャンセルを押して警告を消します。

次にシステム環境設定を開き、セキュリティーとプライバシーを選択。

その中の一般を選択します。

WineSKin Winery インストール

「このまま開く」が押せればそちらをクリック、表示がない場合や押せない場合は、左下のカギをクリックして、Macのパスワードを入れて解除し、「App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」を選択します。

WineSKin Winery インストール2

すると「開いてもよろしいですか?」と出てくるため、「開く」を押してWineSKin Wineryを開きます。

4. WineSkin Wineryの設定

STEP
最新エンジンをインストール
WineSKin Winery 設定1

WIneSkin Wineryを開くと上画像が出てきますが、何もエンジンが表示されていない状態です。

画像のように「+」をクリックしてエンジンを選択していきます。

WineSKin Winery 設定2

次に上記の画像が出てきますので、エンジンを選択してインストールします。

エンジンは、CX(CrossOver)64Bitのもの「WS〇〇WineCX64Bit〇〇」を選択します。

私は、「WS11WineCX64Bit19.0.2-2」と「WS11WineCX64Bit20.0.2」をダウンロードしてインストールしましたが、最終的には「WS11WineCX64Bit19.0.2-2」を使っています。

STEP
最新のラッパーを設定

次に最新のラッパーに設定します。

WineSKin Winery 設定3

画像のように、「Update」をクリックしてラッパー(Wrapper Version)を最新にします。

WineSKin Winery 設定4

私が選択したのは「Wineskin-2.9.0.8.-3」です。

STEP
ラッパーを作成

ここまで来ればもう少し…

WineSKin Winery 設定5

一番下段の「Create New Blank Wrapper」をクリックして、新規のラッパーを作成します。

WineSKin Winery 設定6

ラッパーの名称を付けます。私はわかりやすいように「GRC」としましたが、何でも大丈夫です。

名称を入れて「OK」をクリックすると、しばらく時間をかけてラッパーが生成されます。

/Users/(ユーザー名)/Applications/Wineskin

にラッパーが生成されます。

5. 作ったラッパーにGRCをインストール

WineSKin Winery 移動

先程作成したラッパー「GRC.app」を開き、「Install Software」をクリックします。

WineSKin Winery GRCインストール2

ここでコピーかムーブを選択し、GRCのexeファイルの場所を選択します。(ここではGRCmobile.exe)

一番大事なのは、Wine用のGRCを選択すること。今までMacでWineを用いてGRCを利用されていた方だと、そのままインストールしているGRCを選択すれば問題ないです。

WineSKin Winery GRCインストール3

OKを押せば完了です。

6. GRCを設定

WineSKin Winery GRC

WineSkin Wineryのアイコンの「GRC」をクリックすると、起動にしばらくかかりますがGRCが起動します。

あとは、今までのデータをインポートしてライセンスキーを登録すれば、今まで通りにGRCが使用できます。

ライセンスキーの移動や、データのインポートはこちらから。

SEOツールラボ / ライセンスとデータを新しいPCに移動する

あとがき

WineSkinを用いれば、一応 macOS 10.15 Catalina でもGRCは利用できますが、検索キーワードが重複表示されたりなど、エラーとまではいきませんがバグっぽく表示されることが少しあるため、新規で macOS 10.15 Catalina 以上のMacにWineSkinを入れて、GRCを利用するのはあまりおすすめしません

あくまでも、知らずにmacOS 10.15 CatalinaにアップデートしてGRCが利用できなくなった時の対処方法とご理解下さい。

今後MacでGRCを利用するため、また別の方法を考えようと思います。

公式にGRCのサイト「SEOツールラボ」では発表されておらず、動作保証はされていないため、試される場合は必ず自己責任で行って下さい。

この記事も読まれています
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

様々な気になるもの…「MacやiPhone、家電やWordpressのカスタマイズなど…」を綴った雑記ブログ

もくじ
閉じる