レビュー

紛失した際に役立つ「iPhoneを探す」がMac(OS X 10.7.4以降)でも使えるって知ってました?

投稿日:2012.12.27 更新日:

mzl.xeyhrywg

iPhoneを紛失した際に役立つ「iPhoneを探す」がMac(OS X 10.7.4以降)でも使えるって知ってました?

忘年会で飲みに行って、タクシーや、お店で忘れたりした際に役に立つかもです!

実際に使ってみましたが、これは便利です! 

スポンサーリンク

iPhoneを探す

なくしたデバイスのおよその位置をマップ上に表示させたり、スクリーンにメッセージを表示させたり、遠隔操作でパスコードロックを設定したりできるほか、リモートワイプを実行してデータを消去することもできます。
via : iCloud 

iCloud に「iPhoneを探す」機能が付いているのは知っていましたが、こんなに便利なものとは思ってもみませんでした。

iPhoneの設定

まずiPhoneの設定を行います。

「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」をオンにします。

IMG_3152IMG_3153

iCloud の設定がまだの場合はこちら

次に、App Storeから「iPhoneを探す」をダウンロードします。

iPhoneを探す
iPhoneを探す 2.0.1
iPhoneを探す - Apple
価格: 無料
(記事公開時の価格のため、購入時はよくお確かめください)
カテゴリ: ユーティリティ
App Storeで詳細を見る。

 

 

Macの設定

まず、「システム環境設定」→「iCloud」を選択します。

system

iCloud にサインインしていれば下図が表示されますので、

iCloud

Macを探す」をクリックします。

iCloudの設定がまだの方はこちら 

設定は以上です。

iPhoneからMacを探す

まず、「iPhoneを探す」を開き iCloud IDパスワードを入れサインインします。すると先程設定したMacとiPhoneが表示されています。

 IMG_3140

「すべてのデバイス」をタップすると

IMG_3142 2 IMG_3143

両デバイスが表示されます。
今は同じところにあるので、あまり意味ないのですが…(^^;) 

IMG_3142-1 IMG_3145

先程設定したMacの居場所が判明!
MacBook Proというところをタップすると、

IMG_3146

おぉ〜何か詳細なのかわかりませんが、上図が表示されます。

何かわからず左下の「サウンドを再生」をタップ!

「ビーーーーーーーーーーーーーーーーー」とでっかい音が鳴ります。
ボリュームをオフにしていても鳴ります。
ちょっと焦りました。
何気にやるのは要注意です!

ロック」の詳細に関してはこちらをご覧下さい。
先程の後遺症で、少々怯えています(ーー;)

Macを消去」の詳細は、消えてしまうのでこちらをご覧下さい。

MacからiPhoneを探す

 まず、Macから Safafi など Webブラウザより iCloud にアクセスします。

icloud-1

登録したApple ID とパスワードでiCloudにログインします。

次に、iCloud内の「iPhoneを探す」を選択します。

icloud-2

すると、現在位置の地図が出てきます。

lost-6

その中の、iPhoneをクリックします。

lost-7

先程のiPhoneの時のように、下図の詳細みたいなものが出てきます。

サウンドを再生」は、先程と同じように音が鳴ります。
今回は、「紛失モード」を選択してみます。 

lost-9

紛失モード」をクリックします。
パスコードを入力して下さいと表示されますので、番号を入れます。 

lost

番号を入れると、同じような画面が出てきます。
今度は「パスワードを確認して下さい」と表示されます。

lost-10

次に、連絡先の電話番号を聞いてきます。
ここで入れました番号は iPhoneの画面に表示されます。 

lost-1 

続いて、電話番号と一緒に表示されるメッセージを入力します。
今回は、最初から表記されている例文のまま「完了」しました。 

lost-11

すると紛失モードに入ります。

lost-4

iPhone側は、こんな感じです。
ロックを解除しようとすると、「パスコード入れて下さい」と表示されます。 

IMG_3148IMG_3149

紛失モードの解除方法

Mac側の設定

iPhoneが見つかったら、紛失モードの解除を行います。

lost-4-1

先程と同じように、「紛失モード」をクリックします。
すると、下図が出てきますので

lost-5

紛失モードを停止」をクリックします。
すると「停止しますか?」と聞かれますので、紛失モードを停止をクリック。

lost-2

Mac側の設定は以上です。

iPhone側の設定

次にiPhone側の設定です。
見た目、先程の連絡先とメッセージは消え普通の画面に戻ります。

が、通常パスコードを設定していない方には、少々面倒くさいことが…
ロックを解除しようとすると、パスコードを聞かれます。

 IMG_3270

そのまま、ロックを解除時にパスコードを入れる方がセキュリティ上安全ですが、普段入れていない私には面倒くさいことで…

そういった際は、外すことも可能です。

「設定」→ 「一般」→「パスコードロック」

から外せます。

まず、パスコードを聞いてきますので、先程入れたパスコードを入れます。 

IMG_3273

次に「パスコードをオフにする」をタップします。

IMG_3274 

するとまたパスコードを聞いてきますので、

IMG_3275

先程と同じパスコードを入れるとパスコードがオフになります。

あとがき

今回、iPhoneを探すを試してみて非常に便利だと思いました。
以前に家族が携帯を紛失したことがあり、その際は所在地が全くわからず、神頼みだけしかできませんでしたが、これは一目でどこにあるのかがわかります。

また、自宅などで何処かに紛れてわからなくなった時など「サウンドを再生」を使用すれば、すぐに発見できることでしょう。

いや〜しかし便利な世の中だこと… 

長文お付き合いありがとうございました。

おすすめ記事

いいね!をクリックすると
きになるnet 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

iPhone・Mac・WordPress・食べ物…が、気になる年頃です。

-レビュー
-

注目キーワード

Copyright© きになるnet - きになるものを綴ったブログ , 2018 All Rights Reserved.