注目キーワード
  1. MacBook
  2. WordPress
  3. iPhone
MobiMover Free 4.0

EaseUS MobiMover Free 4.0を使用してiPhoneのデータをMacへ移してみました【PR】

MobiMover Free 4.0

無料のiPhoneデータ移行ソフトで、iPhoneのデータをMacへ移してみました。

使用したソフトは、「EaseUS MobiMover Free 4.0

まずは、どんなソフトなのか調べてみました。

PR記事

スポンサーリンク

MobiMover Free 4.0

MobiMover Free 4.0」は、「EaseUS」というソフトウェア会社が手掛ける、iPhoneデータ移行ソフトになります。

「EaseUS」は、2004年に創設されデータ管理領域に特化したソフトウェアのリーディング開発会社として、データリカバリ、データバックアップなど使いやすくて強力なソリューションを提供を行う会社です。

価格

Free(無料)

動作環境

動作環境は、iPhoneデータ移行ソフトだけあってMacに優しい仕様です。

Windows

Windows 10/8.1/8/7

Mac

  • macOS 10.12/10.13
  • Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.11

iOS

iOS 8/9/10.1/10.2/10.3/11

対応デバイス

対応デバイスが豊富です。

iPhone

iPhone 4s、5、5s、6、6s、6 Plus、6s Plus、7、7 Plus、8、8 Plus、X

iPad

iPad mini2、3、4、iPad Air、iPad Air 2、iPad Pro

対応するファイル形式

対応するファイル形式も豊富です。

mp3、m4a、m4b、m4p、m4r、rm、wav、wma、mdi、aac

画像

jpg、bmp、icon、tiff、png、gif

映像

mp4、mov、m4v、wmv、rm、mkv、avi、flv

その他

pdf、epub、html

機能

mobimover-free-4-setuation

MobiMover Free 4.0」は、様々な機能があります。

  • データを古いiPhone/iPadから新しい端末へ移行
  • データを消失することなく、iPhone/iPadのデータをWin/Macへバックアップ
  • iPhone/iPadの空き容量を増やすため、データを他のデバイスへ移行
  • iPhone/iPadのデータを他のiOSデバイスとシェア
  • iOSデバイス同士の間、あるいはiOSデバイスとWin/Macパソコンの間で多数のコンテンツが転送可能
  • iPhone/iPad上のコンテンツを追加/削除

上記のようなことができます。

MobiMover Free 4.0を使ってみた

早速ダウンロードしてみました。

ダウンロード

MobiMover Free 4.0 ダウンロード

まずは、MobiMover Free 4.0のサイトへ行き、Windowsなら左側、Macなら右側をクリックしダウンロードを開始します。

公式 EaseUS MobiMover Free 4.0

ここから先は、以下の環境での使用になります。

  • MacBook Pro 2017 13インチ
    • プロセッサ:2.3GHz intel corei5
    • メモリ:16GB
    • OS:macOS Sierra 10.12.6
  • iPhone 6S :iOS 11.1.2

私は、MacBook Proなので右側のMac版をダウンロードしました。

インストール

MobiMover Free 4.0 インストール

Mac版をダウンロードすると、ダウンロード先に「mobimover_mac_free.dmg」というファイルがあるはずです。こちらをクリックします。

ファイルが解凍され、

MobiMover Free 4.0 インストール2

インストールの方法が書かれていますので、この通りに左のアイコン「EaseUS MobiMover」を右の「Applications」にドラッグ&ドロップします。

MobiMover Free 4.0 インストール3

これでインストールは完了です!

MobiMover Free 4.0を起動

Macの「アプリケーション」または「Launchpad」から、「EaseUS MobiMover」を起動します。

MobiMover Free 4.0起動

MacApp経由で購入していないため、必ず上記の表記が出るかと思います。右側の「開く」をクリックすると立ち上がります。

MobiMover Free 4.0起動2

この時点でMacにiOS端末が接続されていないと、上記のように表示されます。

USBケーブルで、iOS端末を接続します。

iPhoneのデータをMacへ保存(1クリック転送)

iOS端末の接続が完了すると、以下の画面が出てきます。

MobiMover Free 4.0使用

左のiPhoneに、ご自身でつけた名称のiPhoneがあれば接続できています。

保存先を設定

次に、Macのどこへ保存をするか設定します。

デフォルトでは「Mac/Desktop」になっているため、デスクトップに保存されます。

特に問題がなければ、デスクトップでいいのではないかと思います。設定をしなければ、デスクトップ上に「Exported by MobiMover ◯◯◯◯◯◯◯◯」といった(◯◯は年月日)フォルダが自動で作成され、更にその中に細かくフォルダができるため、ファイルが散らばることはありません。

MobiMover Free 4.0使用2

私は試しに、上画像のようにデスクトップ上に「MobiMover Backup」という名称のフォルダを作成し、保存させてみることにしました。

保存先の設定が完了すれば、右下の「次へ」をクリックします。

どのデータを保存するか選択する

次にどのデータを保存か選択します。

連絡先、メモ、safariのブックマークを転送する場合は、iCloudをあらかじめオフにする必要があります。
また、メッセージと音声メールを転送する場合は、iTunesバックアップのパスワードを入れて復号する必要があります。

MobiMover Free 4.0使用3

デフォルトでは全選択になっていますので、特に必要ないものは「✓」を外すと保存されません。

私は全選択で右下の「転送」をクリックしました。

MobiMover Free 4.0使用4

上記の注意ポイントにあるように、iCloudをオフにしないと連絡先、メモ、safariのブックマークを転送することができません。

保存する必要がなければ「次へ」をクリック、必要な場合はiCloudをオフにして下さい。

続いて、こちらも上記の注意ポイントにあるように、メッセージと音声メールを転送する場合は、iTunesバックアップのパスワードを入れて復号する必要があります。

MobiMover Free 4.0使用5

こちらも保存する必要がなければ右下の「暗号化されています」をクリック、必要であればパスワードを入れて復号して下さい。

続いて、転送が始まります。

MobiMover Free 4.0使用6

転送が完了すると、画面左上に「転送が完了しました!」と表示されます。

私の場合、かなり画像ファイルがあったため30分近くかかりましたが、見事に保存されていました。

iOS端末のデータ量によって、転送時間は異なります。

MobiMover Free 4.0使用7

こんな感じに、フォルダを自動に作って保存してくれます。

その他の機能

MobiMover Free 4.0の機能は、データ移動だけではありません。iOSデバイスのデータをカスタマイズすることもできます。

iOSデバイスのデータをカスタマイズ

MobiMover Free 4.0 カスタマイズ

MobiMover Free 4.0の上段左側にある、◯◯◯iPhone(ご自身でつけた名称のiPhone)名をクリックすると、iOS端末にポップアップが表示されます。

iOS端末側で「信頼する」をタップし、Mac側の「OK」をクリックすれば、iOSデバイスのデータをカスタマイズする画面になります。

MobiMover Free 4.0 カスタマイズ2

  • オーディオ
    • ミュージック
    • ボイスメモ
    • 着信音
    • オーディオブック
  • 画像
    • 写真
    • アルバム
  • 動画
    • 映画
    • テレビ番組
    • ミュージックビデオ

下の段左から

  • 連絡先
  • メッセージ
  • アプリ
  • ボイスメール
  • もっとみる(私の場合はPDFファイルでした)

などを選択することができます。

連絡先、メモ、safariのブックマークを転送する場合は、iCloudをあらかじめオフにする必要があります。
また、メッセージと音声メールを転送する場合は、iTunesバックアップのパスワードを入れて復号する必要があります。

カスタマイズしたいデータのカテゴリ(写真など)選択し、その中から管理したいファイルを選定して、画面右上のアイコンをクリックして、削除、追加、編集、移行の操作を行います。

使用した感想

今回、この「MobiMover Free 4.0」を使用した感想は以下の通りです。

  • 簡単にバックアップができるので便利!
  • 保存先の指定ができるので、どこに保存されているかわかりやすい!
  • 保存先がわかるため、個別のデータを外部に移動させやすい!

今回はiPhoneのデータをMacへ移すことしか行っていませんが、簡単に保存ができたので、次にiPhoneを買い替えた際に、逆にMacに保存したデータをiPhoneへ移してみたいと思いました。

あとがき

以前にiPhoneの復元が失敗し、Apple 正規サービスプロバイダに持ち込んだ際に、iOSのバージョンを知らぬ間に上げられ、帰宅後に自宅のMacBook Proと同期ができず、かなりハマったことがありました。

同期できなかった内容と理由は、

  • iTunesのバージョンをアップしないとiPhoneと同期しない。
  • iTunesのバージョンをアップするには、MacのOSのバージョンも上げる必要がある。
  • MacのOSのバージョンを上げると、別途インストールしているソフトのバージョンも上げる必要がある。
  • そのソフトのバージョンを上げるには、結構高価なお布施が必要(^^;)

iPhoneのバックアップをiTunes経由で行いたいだけなのに、別のソフトもアップデートしないといけないといった、負のスパイラルに陥りました(T^T)

泣く泣く、iPhoneのバックアップを諦めたことがありました。

その頃に「このソフトがあれば良かったのに…」とつくづく思いました。

そんな昔の自分や、同じような症状になっている方へ、特におすすめしたいソフトだと思いました。

公式 EaseUS MobiMover Free 4.0

関連記事

iPhoneを機種変した際に、復元が失敗したことはないですか?私はiPhoneの機種変をした際に復元が失敗するという、事態に陥ったことがあります。使用機種がiPhone6Sということもあり、現在のiPhone11やiPhone11P[…]

MobiMover Free 4.0
いいね!&フォローで最新情報をお届けします!
スポンサーリンク