きになるnet - きになるものを綴ったブログ

iPhone・MacからWordPressなどのWebに関することまで、きになるものを綴ったブログ

broken-link-checker

プラグイン

【Plugin】超便利!WordPressのリンクエラーを教えてくれる「Broken Link Checker」

投稿日:2012.10.20 更新日:

broken-link-checker

久しぶりに昔のページを見てみると、リンクしていたページがなくなっていたりとかしませんか?

そんな時に便利な、WordPressのリンクエラーを教えてくれるプラグイン「Broken Link Checker」をご紹介します。

スポンサーリンク

インストール方法

1. WordPressにログインし、サイドバーの「プラグイン」より「新規追加」を選択します。

broken

2.「Broken Link Checker」と入れてプラグインの検索をクリックします。

broken-1

3. プラグインの一覧が出てきますので、「Broken Link Checker」を探し、インストールをクリックします。

broken-2お使いのブラウザがChromeだと、このような画面が出てきますが「OK」をクリック

broken-4

4. 上図が出てきますので、「プラグインを有効化」をクリックします。

これでインストールは完了です。

スポンサーリンク

設定方法

インストールが済みましたので設定を行います。

broken-5 

サイドバーの「設定」の「Broken Link Checker」を選択します。
日本語化されており、わかりやすくなっています。 

一般

broken-6

ここでは、メールで通知、リンクの調整等設定が可能です。
個人的には、設定の変更をせずに使用しています。

リンクチェック対象

broken-7

ここでは、リンクチェックの対象をどこまでするか設定できます。
個人的には、チェック対象を「固定ページ」、「投稿」のみにして使用しています。

リンク種類チェック対象

broken-8

ここでは、リンク種類の対象をどこまでするか設定できます。
個人的には、現在は「HTMLリンク」と「HTMLの画像」の初期状態で使用していますが、YouTube等の動画がこの先増えれば設定を変更しようと思っています。

プロトコル&API 

broken-9

ここでは、プロトコルとAPIを設定できます。
個人的にはあまりいらいたくないので、初期状態のまま使用しています。

高度な設定 

broken-10

ここでは、タイムアウト等の設定ができます。
個人的には、初期状態のまま使用しています。

確認 

broken-11

エラー確認をする場合、上図のように「ステータス」の「エラーを発見しました」をクリックするか、サイドバーの「ツール」の「リンクエラーをチェック」を選択します。

broken15

するとエラーがあれば上図のように出てきます。
リンク元も表示されますので、 URLをクリックしてリンクが切れているか確かめます。タイムアウトで、リンクエラー出ている場合もありますので… 

今回上の2つはタイムエラーが原因でエラーが表示されていたかと思われます。
そういった場合は、

リンクエラーでないをクリックすると、エラー表示がなくなります。

その他に、「リンク解除」、「URLを編集」等があります。

また、ダッシュボードでも確認することができます。

broken-14

まとめ

使用してみて、とても設定しやすく、非常にわかりやすいプラグインだと感じました。 しばらく使ってみようと思います。

知らない間にリンク切れしていたことがある方は、一度試してみてはいかがですか?

mixhost
当ブログは、MixHostで運営中です!
おすすめ記事

-プラグイン
-

Copyright© きになるnet - きになるものを綴ったブログ , 2018 All Rights Reserved.