便利!「wp_list_categories」を使用してカテゴリ一覧を作成

wordpress720logo

今回、ブログのカテゴリ一覧を作成する際に、WordPressの「wp_list_categories」というテンプレートタグを初めて使ってみたのですが、かなり便利なタグでした。

スポンサーリンク

wp_list_categories

使用するまでは、各カテゴリを別々にリストアップする方法しかないのかなと思っていましたが、このテンプレートタグはたったの1行で作成しているカテゴリの全てを表示してくれます。
まるで魔法の呪文みたい…w

また、パラメータを入れることでいろいろとカスタマイズができます。
今回私が使用したパラメータは、以下の通りです。

  • title_li
  • show_count
  • depth

の3つのパラメータを使用しました。

Code

今回使用したのは下記の3行のみです。

<ul class="cat-list">      
    <?php wp_list_categories('title_li=&show_count=1&depth=2'); ?>
</ul>

実際に上記のコードで得られた一覧はこんな感じです。

cat-list2

子カテゴリを分けている途中なので、まとまっていませんが…(^^;)

今回使用したパラメータをご紹介します。

title_li

title_liは、箇条書きの外側に表示するタイトルをつけるためのパラメータ。
title_liのパラメータ無しでも特に問題はありませが、無い状態で使用するとデフォルトの “Categories”(日本語表記だと”カテゴリー”)が表示されますので、下図ような感じになります。

cat-list

私は特にタイトルを入れる必要がないため、title_liのパラメータを使用して、何も入れずに(title_li=のみ)空を指定しています。

仮にタイトルに「List」をいう文字を入れたい場合は、title_li=Listと入れると、

cat-list3

show_count

show_countは、各カテゴリ名の後ろに投稿数を表示するためのパラメータ。
show_count=1の場合表示、show_count=0の場合非表示(初期値)。
今回私は表示をしました。

depth

depthは、カテゴリ階層のどのレベル(深さ)までをカテゴリ一覧に出力するかを指定するパラメータ。

初期値だと全ての親子カテゴリを出力します。
depth=1の場合は、最上位カテゴリのみ出力。
depth=nの場合は、n番目の階層(深さ)までのカテゴリを出力。

今回は親子までのカテゴリの表示のため、depth=2を指定。

お使いのテーマによっては、指定したのに関わらず一瞬初期値の全てのカテゴリが出力されたように見えるかも知れません。

実際に私もそう思いましたが、CSSでインデント等を整えてあげることによって、きちんと表示されます。

あとがき

いや〜なんで今まで知らなかったのだろうと思ってしまうくらい、便利なテンプレートタグでした。

cat-list4

こちらのブログのナビゲーションメニューの一番右側に、カテゴリ一覧を追加しましたので、よかったら見て下さいね。

また、カテゴリ一覧を作成される際は、是非テンプレートタグ「wp_list_categories」がお勧めです!

via: テンプレートタグ/wp list categories

スポンサーリンク
おすすめ記事
おすすめ記事
Written by gozi
iPhone・iPad等のApple製品を中心にWordPressから食べものなど、きになるものを綴っているブログです。
スポンサーリンク