HTTPSの「独自SSL」を提供する、有名レンタルサーバー3社を比較

ssl-edit

先日、mbdbさんの「ブログのHTTPS化を実施したので、手順だったりを共有しておきます」という記事を拝見し、うちのブログもHTTPS独自SSLにしなければと思い、現在使用している「ロリポップ!レンタルサーバー」及び、個人的にレンタルできそうな有名レンタルサーバー2社を入れ、比較をしてみました。

Top photo quote from Yuri Samoilov

スポンサーリンク

独自SSL

そもそもSSLってなんぞや?と思われる方もいらっしゃると思います。

「SSL」は、Webサイト上の情報を暗号化して送受信してくれる仕組みになり、その中でも、「共有SSL」と「独自SSL」の2つあります。

共有SSL」は、サーバーによっては無料で提供されている場合が多く、コスト的にお得というメリットがありますが、ドメインが変わってしまうというデメリットがあります。

また「独自SSL」の最大のメリットは、ドメインを変更せずに利用ができるというところにあります。ただし、サーバーによっては、オプションになったり、プランによって対応していなかったりします。(レンタルサーバーを借りていることを前提としています。)

via : SSLとは?仕組みから、共有・独自SSLの違い、証明書についてが分かるまとめ

今回は、その「独自SSL」を提供している、有名サーバー3社を比較してみたいと思います。

ロリポップ!レンタルサーバー

使用が可能なプラン(オプションにて)

「ライトプラン」「スタンダードプラン」「エンタープライズプラン」の3プランで、「エコノミープラン」の方はプラン変更が必要。

提供独自SSL

GMOグローバルサイン株式会社のクイック認証SSL

料金

月額 1,500 円(税抜)※1~で、1ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月などの契約方法があり、長期で購入されるほどお得になるシステムです。

※1:実際に申し込みから確認したところ、月額2,000円(税別)(税込2,160円)だったため、現在問い合わせ中。
確認したところ、36ヶ月まとめて支払うと、月額1500円(税別)の金額に相当するとのことでした。

via : ロリポップ!

エックスサーバー

使用が可能なプラン(オプションにて)

全サーバープラン対応(X10、X20、X30)

提供独自SSL

CoreSSLのCoreSSL、SecureCoreのドメイン認証SSL、ラピッドSSLのラピッドSSL、ジオトラストのクイックSSLプレミアム、グローバルサインのクイック認証SSLの5つから選ぶことが可能です。(ただし、各SSLによって料金は異なります。)

料金

料金設定は年額です。

ssl-xQuotation : エックスサーバー

しかも、現在(2016年2月1日時点)はキャンペーン期間中ということで、「CoreSSL」と「SecureCore」の料金がかなりお安くなっています。

参考:SSL割引キャンペーン!/ エックスサーバー 
(※キャンペーンは2016/3/31 18:00まで)

ただし、上記料金にプラスして以下の料金も発生します。

ssl-x2Quotation : エックスサーバー

ここで出てくる「SNI SSL(ネームベース)」と「IPアドレスベース」って何でしょうね。
調べてみました。

SNI SSL(ネームベース)とIPアドレスベースの違い

ssl-x3Quotation : エックスサーバー

従来のIPアドレスを必要とするSSLの設定とは異なり、SSL専用のIPアドレスが不要となるため、SSL証明書導入におけるコストを大幅に削減することが可能です。現在では利用されているほとんどのWebブラウザが「SNI SSL(ネームベース)」に対応してきたことから、注目が集まっています。
via: エックスサーバー

今までは、個々のIPアドレスで行なわれてきたものが、ネームベース(ホスト名)に紐付けされるので、1つのIPアドレスで済むためコストが下がったので、個人の方にも使いやすくなりました。

ただし、選ばれるSSLブランドによっては、「SNI SSL(ネームベース)」が提供されていない場合もありますので、注意が必要です。

また、「SNI SSL(ネームベース)」の場合は、一部の古いブラウザに非対応となっていますが、一方「IPアドレスベース」は、携帯電話(フィーチャーフォン)など幅広いブラウザに対応しています。

via : エックスサーバー

サクラインターネット

使用が可能なプラン(オプションにて)

「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプロ」にてSNI SSL(ネームベース)が対応で、「ライト」プランは非対応。また「ビジネスプロ」はIPアドレスベースに対応しています。

提供独自SSL

サイバートラスト

SureServer EV for SAKURA、SureServer for SAKURA、SureServer ワイルドカード for SAKURA

ジオトラスト

ラピッドSSL、クイックSSLプレミアム、トゥルービジネスID with EV

グローバルサイン

クイック認証SSL、企業認証SSL

セコム

パスポート for Web SR3.0

シマンテック

セキュア・サーバID、グローバル・サーバID、セキュア・サーバID EV

(ただし、各SSLによって料金は異なります。)

料金

ほとんどの料金設定は年額になっていますが、一部月額のものもあります。

ssl-x5Quotation : サクラのSSL

料金価格帯も安いものから、企業向けの高額なものまで様々です。
1年〜3年契約できるSSLもありますが、ここでは1年のものを表記しています。

ブランド プラン名称 月額(税抜)
(税込金額)
年額(税抜)
(税込金額)
サイバートラスト   SureServer EV for SAKURA 4,500円
(4,860円)
49,500円
(53,460円) 
SureServer for SAKURA 3,500円
(3,780円)
38,500円
(41,580円)
SureServer ワイルドカード for SAKURA 9,000円
(9,720円)
99,000円
(106,920円) 
ジオトラスト   ラピッドSSL –    1,500円
(1,620円)
クイックSSLプレミアム 14,500円
(15,660円)
トゥルービジネスID with EV 115,200円
(124,416円)
グローバルサイン  クイック認証SSL –  34,800円
(37,584円)
企業認証SSL 59,800円
(64,584円)
セコム パスポート for Web SR3.0 55,000円
(59,400円)
シマンテック   セキュア・サーバID –   81,000円
(87,480円)
グローバル・サーバID 138,000円
(149,040円)
セキュア・サーバID EV 162,000円
(174,960円)

また、SSLによっては個人では契約ができないものもあります。

個人では契約ができないSSL

サイバートラストのSureServer EV for SAKURA、ジオトラストのトゥルービジネスID with EV、グローバルサインの企業認証SSL、シマンテックの全てのSSL

via:サクラのSSL

各レンタルサーバーの一番低コストな独自SSLを比較

上記3社のレンタルサーバーの中から、一番低コストな独自SSLを比較してみました。

レンタルサーバー ブランド プラン名称 月額(税抜)
(税込金額)
年額(税抜)
(税込金額)
ロリポップ!レンタルサーバー グローバルサイン クイック認証SSL 1,500円 ※1
(1,620円)
 –
エックスサーバー Core SSL Core SSL 1,000円 ※2
(1,080円)
サクラインターネット ジオトラスト ラピッドSSL 1,500円
(1,620円)

※1:実際に申し込みから確認したところ、月額2,000円(税別)(税込2,160円)だったため、現在問い合わせ中。
確認したところ、36ヶ月まとめて支払うと、月額1500円(税別)の金額に相当するとのことでした。

※2:現在のキャンペーン料金ではなく通常料金を表記

まとめ

レンタルサーバーの独自SSLは、レンタルサーバー料金が別途かかってくるため、比較をするのが難しいところですが、初めて独自SSLを導入する場合、エックスサーバーのレンタルサーバーとCoreSSLの導入が一番敷居が低いのではと思いました。

もうしばらくするとサーバーの更新時期なので、その辺りを狙って変更していきたいと思います。

スポンサーリンク
Written by gozi
iPhone・iPad等のApple製品を中心にWordPressから食べものなど、きになるものを綴っているブログです。
おすすめ記事
おすすめ記事