レビュー

Macbook Pro (15-inch, Late 2011)のメモリを16GBにしてみました!

投稿日:2013.05.12 更新日:

 memory

昨年、購入した直後から一度は16GBにしていたものの、昨年末から今年始めにかけてのカーネルパニックの原因がメモリとわかり、一旦純正に戻していましたが、修理から戻ってきたのをきっかけにMacbook Pro(15-inch, Late 2011)のメモリを16GBにしてみました。

スポンサーリンク

メモリ交換

Appleの技術仕様によると、搭載しているメモリは4GB(2GB SO-DIMM x 2)1,333MHz DDR3 SDRAMで、最大8GBをサポートとなっています。
via : MacBook Pro (15-inch, Late 2011) - 技術仕様

昨年、購入した直後にいろいろと調べて、16GBまで認識するという結果を様々なサイト見ていたので、あとはメーカーの相性のみかと思い、今回はTranscendを選択!

Appleのメモリの取り外し方法と取り付け方法で確認しながら、メモリを交換します。

memory2

メモリを装着し、Macbook Proで確認すると…

memory3

きちんと16GB認識しています。

あとがき

円安のため、以前より高くなってきているように思いますが、まだ購入できる範囲だったので再度16GBにチャレンジ!

現在のところ、特にカーネルパニックなどエラーや不具合も無く動作しています。
標準の4GBよりも快適に使用できています。

おすすめ記事

いいね!をクリックすると
きになるnet 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

iPhone・Mac・WordPress・食べ物…が、気になる年頃です。

-レビュー
-

注目キーワード

Copyright© きになるnet - きになるものを綴ったブログ , 2018 All Rights Reserved.