OpenOfficeから更にMicrosoft Officeと互換性の高いLibreOfficeに乗り換えてみました!

LibreOffice

先日、「OpenOffice」に切り替えたばかりなのですが、「Word」「Excel」ファイルの互換性はある方だと思っていましたが、いろいろ調べていますと更にOfficeとの互換性がある「LibreOffice」を発見。更に乗り換えてみました。

スポンサーリンク

LibreOffice

OpenOffice.orgではCalcセル枠の破線や点線が使えなかったためMicrosoft Officeからの移行の障害となっていたが、LibreOfficeになって使えるようになったことから、Microsoft OfficeをLibreOfficeに切り替えた企業や団体があるほか、LibreOffice登場前にMicrosoft OfficeからOpenOffice.orgへ切り替えた企業や団体が、さらにLibreOfficeに切り替えたケースも散見される
via : Wikipedia 

ということで、ミーハーな気持ちから換えてみました。

システム要件

現在のシステム要件は以下の通りです。

Mac

  • OS 10.4(Tiger)またはそれ以降
  • Intel または PowerPC プロセッサ
  • メモリ 512 M
  • 800 MB のハードディスクの空き容量
  • 解像度 1024×768 (またはこれ以上のものを推奨), 256色以上

Windows

  • Microsoft Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows 8
  • Pentium互換PC (Pentium IIIやAthlon、またはこれらのものより新しいものを推奨)
  • メモリ 256 MB (512 MB以上を推奨)
  • 1.5 GB のハードディスクの空き容量
  • 解像度 1024×768 (またはこれ以上のものを推奨), 256色以上

この他にLinuxでも使用できるようです。

via : LibreOffice システム要件 

ダウンロード

まず、LibreOfficeのサイトへ移動します。
下段の「LibreOfficeをダウンロード」をクリックします。 

libreoffice-1

メイン・インストールパッケージと言語パッケージの両方をダウンロードします。メイン・インストールパッケージのみでも使用は出来るのですが、英語表記になってしまう為、言語パッケージもダウンロードされることをオススメします。

libreoffice-2

インストール

ダウンロードしたファイルを開きます。

libreoffice56

続いて、下図のようにアイコンをドラッグして右のApplicationsの上でドロップします。

libreoffice-4

以上でアプリケーションのインストールは終了です。

この状態でLibreOfficeを起動すると…

libreoffice-6

このように英語表記になります。
このまま使用もできますが、わかりやすい日本語表記にする為、先程ダウンロードした言語パッケージをインストールします。

※ダウンロードした言語パッケージを開く際や、先程のメイン・インストールパッケージをインストールする際に、

libreoffice-11

このような表示がでたなら、こちらの「インストールが許可されていないアプリやドライバーを許可する方法」も、ご覧下さい!

今回は、インストーラーを開くと下図のように表示されますので、インストールをクリックします。

libreoffice-12

インストールが終了すると、「インストールは完了しました」と表示されます。

libreoffice-8

右下の「はい」を押せば完了です!

これで、LibreOfficeを起動すると…

LibreOffice-9

きちんと日本語表記になっています。

あとがき

どうしても、切っても切り離せないのがMicrosoft Officeとの互換性なので、できる限り互換性の高いものを選びたいものです。

無料だからあまり強く言えませんが…(^^;)

via : LibreOffice

スポンサーリンク
おすすめ記事
おすすめ記事
Written by gozi
iPhone・iPad等のApple製品を中心にWordPressから食べものなど、きになるものを綴っているブログです。
スポンサーリンク