Apple、MacBook Proビデオ問題に対する修正プログラムを延長

IMG_3596

Appleが、「一部のMacBook Proで、ビデオ (画像) が歪む、画面に何も表示されない、システムが突然再起動する」といった問題に対する、無償修理期間を延長しました。

スポンサーリンク

MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム

症状

症状は様々で、下記のいずれか (または複数) の症状が見られるとのことです。

  • コンピュータ画面のビデオ (画像) が歪んだり乱れたりする
  • コンピュータはオンになっているのに、コンピュータ (または外付けディスプレイ) の画面に何も表示されない
  • コンピュータが突然再起動する

対象製品

対象製品は、下記の通りです。

  • 2011 年に製造された 15 インチおよび 17 インチ MacBook Pro モデル
  • 2012 年中期 (Mid 2012) 〜 2013 年初期 (Early 2013) に製造された 15 インチ MacBook Pro Retina ディスプレイモデル

意外と対象製品の販売期間されていた期間は長いです。

あとがき

私のMacbook Proもビンゴしており、昨年8月に急に上記写真のような状態になりました。

その時は、リペアエクステンションプログラムの存在を知らずに、高額な修理だと思い2週間程が過ぎましたが、流石に修理をしないと不便なため、Appleのサイトを見たところ、同プログラムの存在を知り「Apple 正規サービスプロバイダ」の「カメラのキタムラ」に持ち込みました。

すぐさま確認してもらい、同プログラムが適用されるということで、無償修理になった経緯があります。

同じ症状の方がいらっしゃれば、すぐさま「Apple 正規サービスプロバイダ」に持ち込むことをお勧めします。

via: Apple Extends MacBook Pro Repair Extension Program for Video Issues Until December 31, 2016